渡邉和男 教授
WATANABE Kazuo
Tel: 029-853-4663 or 7729
Fax: 029-853-7723
E-mail:nabechan@gene.tsukuba.ac.jp
305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 遺伝子実験センター

研究領域 遺伝子多様性学 (遺伝子実験センター, 稀少植物遺伝子多様性・進化解析分野)
研究テーマ 植物遺伝資源の無限の価値を探る

関連 websites

English information can be found at the following sites
  http://www.plbr.cornell.edu/PBBweb/Watanabe.html
  http://www.ias.unu.edu/about/adjunct.cfm
  http://www.ipgri.cgiar.org/

Highlights in other languages
  English (PDF file)
  Spanish (PDF file)
  中国語
  Urudu: PDF4 In preparation
  Bangladeshi: PDF5 In preparation
  Persian: PD6, In preparation.

過去の活動の参考 websites:
http://www.tytlabs.co.jp/office/toyocon/12kkou.htm
http://www.bio-info.ab.psiweb.com/news/990100.html

研究の概要

研究内容

1) 高等植物種での遺伝的多様性の保全と利用
2) 同質倍数性植物種での遺伝子組換え体作成及び評価による遺伝子の発現・制御機構の解明による同質倍数体遺伝学の探求
3) 遺伝的多様性を主体とした上記遺伝子組換え体植物のリスクアセスメント
4) 社会、経済、法律及び政策の観点からの植物遺伝資源及びバイオテクノロジーの取り扱いについての学際的総合研究

研究概要

 1) 生物多様性の基盤となる遺伝的変異について、高等植物を主体例として、遺伝学的な観点から実験研究を行っている。種内の遺伝的多様性に主点を置き、遺伝資源多様性について、東南アジアを主体に海外国際共同研究を行い、IPGRI(International Plant Genetic resources Institute, Rome, Italy)などの国際研究機関とも協力をしている。
 2) 高次倍数性・他殖性・栄養繁殖性植物は生産性が高い作物が多いが、遺伝子の解析が困難であった。このような同質倍数体植物のモデルとしてジャガイモやサツマイモを対象に、高次同質倍数体における複雑な遺伝様式や遺伝子発現の分子的解明を目的として、倍数体の分解と合成による倍数性操作法の確立、器官特異的発現遺伝子の機能ゲノム解析、分子マーカーの連鎖地図作成、BACライブラリー等のゲノム情報基盤の構築、病虫害抵抗性や低温糊化性デンプンなどのバイオマス関連有用形質の遺伝子解析などを行っている。
 3) 遺伝子組換え体を利用するうえで環境影響評価は重要事項であり、生物多様性との関係が影響評価の主体になる。近縁種との関わりや種内の遺伝的多様性への影響の評価は、特に関連種が存在した時に重要な調査事項である。一方、倍数体での遺伝的多様性の評価は、その遺伝的特異性のため複雑であり、これを体系化するための知見を構築している。
 4) 遺伝子多様性に関わる保全、産業利用や知的所有権ついて社会、経済、法律及び国際関係の観点を含め総合的に調査も行っており、 国連大学高等研究所(Institute of Advanced Studies, United Nations University, Yokohama, Japan)と共同研究を行っている。特にbioprospecting / access and benefit sharingについての調査研究行っている。
 研究分野関連の講義では、生物多様性と遺伝的多様性の概論、21世紀の戦略的な国家資源としての遺伝資源の学際的論議、遺伝子多様性の生物学、遺伝的多様性の測定について遺伝学的理論及び分子生物学を主体とした測定技術の紹介、生物多様性の保全について学際的アプローチによる生息域内保全及び生息域外保全、ジーンバンク、バイオリソースセンターと植物園などの関係の紹介、保全の技術の解説及び遺伝的多様性の産業利用と国際的関心事項の総合討論を行い、基礎的理解を得るような機会を提供している。


研究の詳細
        別ページで(準備中)

参考文献
  1. Watanabe et al. 2004. Negative fallout from public sentiment in Japan. Nature Biotechnology 22: In press.
  2. Yamanaka, S. I. Nakamura, K. N. Watanabe and YI. Sato. 2004. Identification of SNPs in the Waxy gene among glutinous rice cultivars and its evolutionary significance during domestication process of rice. Theor. Appl. Genet. 108:1200-1204.
  3. Watanabe, K. N. and A. Komamine 2004. Issues on Intellectual Property Rights Associated with Agro-Biotechnology in Japan. In: Erbisch, F.H. and K.M. Maredia (Eds.) Intellectual Property Rights in Agricultural Biotechnology. 2nd edition. Michigan State Unversity, East Lansing and C.A. B. International, Wallingford UK. pp187-200
  4. Watanabe, K. N. , R. Ortiz and J. A. Watanabe 2004. Chapter 4: Breeding Potential and Transmission of Traits in 4x-2x Crosses. In: Genetic Improvement of Solanaceous Crops, Vol. 2: "Potato" (Eds. M. K. Razdan and A. K. Mattoo), Science Publishers Inc., USA.  p83-99.
  5. Celebi-Toprak, F., J. A. Watanabe and K. N. Watanabe 2004. Chapter 6: Molecular Markers in Identification of Genotypic Variation. In: Genetic Improvement of Solanaceous Crops, Vol. 2: "Potato" (Eds. M. K. Razdan and A. K. Mattoo), Science Publishers Inc., USA. p117-141.
  6. Watanabe, K. N. 2003. Pitfalls on implementing the Cartagena Protocol on Biosafety in Japan. Nature 421 : 689.
  7. Watanabe, K. N. , H. G. Zhang, A. Shiranita and S. Yamanaka 2003. Conservation of a resistance gene-like fragment ADG2 related to potato Y potyvirus resistance gene Ryadg in diploid and tetrasomic tetraploid potatoes. Breed. Sci. 53 (2): 149-154.
  8. Yamanaka, Y., E. Suzuki, M. Tanaka, Y. Takeda, J. A. Watanabe & K. N. Watanabe. Assessment of cytochorome P450 sequences offers a useful tool for determining genetic diversity in higher plant species. Theor. Appl. Genet. 108:1-9.
  9. Zhang, H., J. P. T. Valkonen and K. N. Watanabe 2003. A bacterial artificial chromosome (BAC) library for potato and identification of clones related to the potato Y potyvirus resistance gene Ryadg Breed. Sci. 53 (2): 155-161.
  10. 渡邉和男・藤村達人 2003. 遺伝子組換え体の取り扱いに関する国内法施行およびカルタヘナバイオセーフティー議定書発効への配慮. 育種学研究 5(4) : 195-197
  11. 渡邉和男 2002. 第1節 食糧及び産業に関する植物遺伝資源. pp. 10-27.  新名惇彦・吉田和哉 (編)植物代謝工学ハンドブック. NTS株式会社、780p 6月 ISBN4-86043-004-2C3045.
  12. 渡邉和男・渡邉純子 2002. 遺伝子組換え作物の科学. pp. 241-255. 村上明・森光康次郎 (編著)"食と健康ー情報のウラを読む". 丸善.  11月 ISBN4-621-07121-1
  13. 渡邉和男 2002. 生物多様性の保存・再生と利用. サイエンス&テクノロジージャーナル 12月号:18-21.
  14. 渡邉和男 2002. 植物遺伝資源の保全及び利用とバイオテクノロジー. 国際農林業協力 25(4,5): 31-41.
  15. 渡邊和男 2001. 植物遺伝資源なくして食糧保障、農林業やバイオ産業は存在しない. 育種学最近の進歩 43:83-86. 日本育種学会編修。ISSN 0388-8177
  16. 渡邊和男 2001.組換え体生物の利用は世界的に容認されてきている:国際間の移動の取り決めと環境安全性評価の国際標準化。育種学研究 3(4): 236-237.
  17. 渡邉和男2000. 生物多様性条約カルタヘナバイオセーフティー議定書と今後の組み換え体生物研究開発の関連. 生物工学会誌 78(12):23-26.
  18. Hamalainen, J. H., T. Kekarainen, K. N. Watanabe and J. P. T. Valkonen 2000. Recessive and dominant genes interfere with the vascular transport of potato virus A in diploid potatoes. Molec. Plant Microbe Interac. 13(4):402-412.
  19. Kasai, K., Y. Morikawa, V. A. Sorri, J. P. T. Valkonen, C. Gebhardt and K. N. Watanabe 2000. Development of SCAR markers to the PVY resistance gene Ryadg based on a common feature of plant disease resistance genes. Genome 43:1-8.
  20. Watanabe, K. N. and A. Komamine 2000. Challenge of Plant and Agricultural Sciences to the Crisis of Biosphere on the Earth in the 21st Century. Landes Bioscience, Austin TX, USA. 309p. ISBN 1-58706-015-9
  21. 渡邉和男 2000. 植物遺伝資源と植物バイオテクノロジーによる環境保全. pp. 1-南澤 究・藤田耕之輔・岡崎正視 (編著)植物と土壌微生物による環境修復. 博友社.
  22. 渡邉純子・渡邉和男 1999. 英語で学ぶ生物学.コロナ社. ISBN-4-339-07649-X(1999年2月15日出版)
  23. 渡邉和男・岩永 勝 1999. 有用植物の遺伝資源. 山田康之・佐野浩編  組換え体作物の光と影. 学会出版センタ−. pp. 125-134. 9月
  24. Valkonen, J. P. T. and K. N. Watanabe 1999. Autonomous cell death, temperature-sensitivity and the genetic control associated with resistance to cucumber mosaic virus (CMV) in diploid potato (Solanum spp.). Theor. Appl. Genet. 99:996-1005.